ニュース

  • 米国医師会雑誌

    米国医師会雑誌

     米国医師会雑誌(JAMA)にカイロプラクティック・ケアを通常医療に加えることで腰痛の不快感や障害を減らす可能性を示唆する研究報告が掲載された。これは画期的な出来事である。  研究者は腰痛疾患を抱える米軍人750名のうち […]


  • 過剰診療への忠告

    過剰診療への忠告

     Choosing Wisely Japanは、米国内科専門医認定機構財団が始めたChoosing Wisely(医療の賢明な選択)の日本支部として活動している。  医師の過剰診断に警鐘を鳴らすことが目的、診療内容に詳し […]


  • WFC事務局長来日

     WFC事務総長のリチャード・ブラウン氏が日本政府観光局の計らいで3月に来日した。今回は2016年に続き二回目の来日で一週間の滞在期間中に、四つの来日目的をすべて順調にこなした。 一つ目は、2021年のWFC世界大会の東 […]


  • WFC役員会開催

     2018年4月、ペルーのリマでWFC役員会が開催された。執行役員の選挙が行われ、新会長にローリ・タセル氏が就任した。また、残り三名の執行委員の中で竹谷内啓介氏が財務書記として選任された。 30年間の歴史の中、欧米人以外 […]


  • 第8回学術大会を無事終了

                 日本カイロプラクターズ協会(JAC)は、2018年3月11日(日)臨床カイロプラクティック学会、第8回学術大会を開催した。会場は、地下 […]


  • J-FOCS報告

    J-FOCS報告

     1991年3月に設立された日本スポーツカイロプラクティック連盟(J‐FOCS)は、世界カイロプラクティック連盟(FICS)の日本代表団体である。民間団体であるが、各種スポーツ・イベントにボランティアとして、スポーツを通 […]


  • 橋本聖子参議院議員とスポーツ関係の懇談

     竹谷内啓介JAC会長、村上佳弘顧問らは、参議院議員橋本聖子氏と今年3回目の会談で、カイロプラクティックに関した詳しい情報交換を行った。 橋本氏聖子氏は、自民党の党2020オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部長の […]


  • 専門職大学の道が開かれた

     2019年4月開講を目指して、文部科学省(以下、文科省)が専門職大学の整備を始めている。上記は、省令一部改正の趣旨である。  文科省は、昨年11月に専門職大学の制度化に関する説明会を開催した。 「大学」は、幅広い教養や […]


  • エブロル副校長がTCC校長に就任

    エブロル副校長がTCC校長に就任

     2018年1月より、東京カレッジオブカイロプラクティックの校長にフィリップ・エブロル氏が就任した。エブロル氏は、RMIT大学のカイロ科主任、セントラルクイーンズ大学のカイロ科主任教授を歴任し、2015年に現役を退いた。 […]


  • 厚生労働省へJCR名簿提出(第7次)

    日本カイロプラクティック登録機構(JCR)の理事会が衆議院議員会館で開催され、厚生労働省医政局医事課長の武井貞治氏に対して総数525名の登録者名簿が提出された。遠山清彦JCR理事長(衆議院議員)からは厚生労働省に対して「 […]